夫の浮気チェック

夫が浮気をしているか調査して不倫チェック。結婚相手に密通の兆候がある時、いかにしても怪しく思う気持ちが深くなってしまいますよね。亭主に問いただしてもはぐらかされる。夫の浮気が疑わしい時の対応方法。

 

明らかな証拠を得ることができるまでは、情事を見抜いているということを暴露しない方がいい。

 

亭主は情事をしているのではないかと疑わしく感じたとき、まずはハズバンドが使用しているスマートフォンを検分して、愛人と軽率なLINEのやり取りを行っていないか、旅行の予定表が記されていないかどうか調査しますよね。

 

しかしながら、それだけだと裁判で確定的な不倫のプルーフになりにくいことを認識していますか?。

 

奥さんにとっては、ハズバンドが他の女と不貞な会話をして、一緒に寝たいとか囁き合っていたら、そういったタイプの事は密通と決めつけたくなりますよね?。

 

しかし、訴訟面では不貞行為を確認できなければ、姦通とはジャッジされません。

 

不倫対象者とハズバンドが性交していて初めて、法的な意味で密会と決められます。

 

視点を変えて言えば、ハズバンドが情婦と性の営みをしていないなら、姦淫だと言って激しく尋問すると、自身の方が不利になってしまいかねない。

 

関連ページ

品川での浮気調査にかかる費用を比較
品川での浮気調査にかかる費用を比較。費用で揉めることが多かった探偵業界で初めて、成功報酬&後払いを持ち込んだ探偵オフィス。